TV放送から 

*インタビュー
某俳優さんが某考古学者さんにインタビューするという番組がありました。
某考古学者さんというのはテオティワカンの発掘をされている日本人です。
某俳優さんは都市伝説が大好きということで、「あれは宇宙人が造ったのですか?」とストレートに質問していました。もちろん答えはNOですが。
「骨でも見つかればね。」と。

・・・たとえば骨が見つかったとして、ちゃんと発表してくれるのかどうか疑問が残るところです。


*映っちゃったGP
さっそく、こちら↓の宇宙人のミイラのことを放送してました。

・2268(3)Amphibians in Peru・Three fingered Aliensペルーで見つかった両生類型エイリアン・3本指のエイリアンbyはやし浩司Hiroshi Hayashi, J
https://www.youtube.com/watch?v=ywOSYKPl9Jo

番組構成としては、先に小人やら人魚やらUFOやら、ちょっと見ただけで明らかにCGとわかるような映像がチラホラあったあとにミイラのお話し。人魚なんかはドボンしているのに周りに波が立ってないってっっっ  バレバレ(苦笑)
これ本物かもしれないと思って見てる人いるのかな?
その後の心霊映像のほうがインパクトありすぎてミイラの話なんか吹っ飛んじゃった感。
まあ、この番組はあくまでもバラエティー。バラエティーを批判するつもりはありませんが、おもしろおかしければそれでいい、映像だけ見せて真相究明の意図や趣旨は全くない、というつもりで見ないといけません。
隠さず放送してくれているだけまだマシかもしれないし。
矢追純一さん出演されてましたが、発表者が匿名だから本物の可能性が高いとコメントされていました。
本名や顔出しすると、「変な人」というレッテルを貼られて阻害されることが多いからということです。 ウン確かに
はやいとこDNA鑑定が待たれます。


以上、ご報告&私の感想でした。

縦と横 

伝説や昔話の女神様は沢山いらっしゃいますが、なぜか機織りをしていることが多いです。
機織りは昔から女性の仕事でした。外はオオカミや熊、毒蛇や毒虫や変なおじさんとか危険がいっぱい。
妊婦さんなどには危険な外での仕事より、安全で天候に左右されない家の中で出来る仕事だったのでしょう。
「安心」の「安」の字はウ冠(屋根)の下に女。
おしめや産着も作らなきゃならないし。

機織りの「ハタ」ですが、シュメール語に「p e d (妊娠)」という語があり、女性の体液をおりものと言う事から、子作り、産み育てることも暗喩しているのかもしれません。畑のハタでもあります。
 p e d → h a t – a ( p → f → h / e → a / d → t / + a )

秦氏の「ハタ」は機織りのハタではないか?
― 「絹をうず高く積んだ」から太秦(ウズマサ)の号を与えられた ― 
なぜ「シン」と読まずに「ハタ」と読ませるのか疑問でした。

「ハタ(畑)け」と「ハタ織り」とは、「ハタ(働)らく」こと、体を動かすこと。
・意味ブロ-ちょっと難しい言葉の意味まとめ さんのブログ「働くの意味」 http://whatimi.blog135.fc2.com/blog-entry-641.html

宗像神社の「宗」に「糸」偏を付ければ「綜」、
・意味ブロ-ちょっと難しい言葉の意味まとめ さんのブログ「錯綜の意味」 http://whatimi.blog135.fc2.com/blog-entry-643.html
によると、
 ― 「綜」は「すべる、まとめる」という漢字。字源は「糸」と「まとめるもの」という漢字の組み合わせ。
    よって「機織(はたおり)をする、または機織する人」という意味になります。
    その意味から、「糸をまとめて一つのものにする=統べる、まとめる」という意味。―

宗像三女神は糸を取られちゃった?
P1030527 (2)


「績」を「うむ」と読んだり、「胞衣」に「衣」の字があったり、
栲幡千千姫命(たくはたちぢひめのみこと)は機織りの神様でありますが、子宝、安産の神様でもあります。


〈地球の惑星記号〉
Earth.png

古代エジプトの男女合体の絵文字は、縦に女陰、横に男根が十字にクロスした象形文字です。 
まさに十字架の形。

〈縦と横〉
sannaimaruyama01.jpg

天と地は横=二つにされた地母神ティアマト、それを繋ぐ柱は縦 柱ハシラ=アシラ=シヴァ神でもある。

イザナギ命とイザナミ命は死別、ケンカ別れしてしまいました。
夫から骨まで愛してもらえなかった妻のくやしさと悲しみ、妻の死体を見て逃げ出しちゃった夫のうしろめたさとはずかしさ。
日本版の原罪ですかね。


イザナギ命とイザナミ命にこの曲を捧げたいと思います。(私が作った曲じゃないけど。)
・high_note Music Loungeさん 糸/中島みゆき https://www.youtube.com/watch?v=jOegTv3a2h4

縦の糸はあなた、横の糸はわたし

「私(わたし・わたくし)」の「わた」は「渡し」の「わた」、命を渡してつないでいく。
自分の命と引き換えにして、この世に火、土、水などの森羅万象をもたらしてくれたのは、イザナミ命なのでした。




「神」の語源をさぐる 

これまたいろいろな説がありますが、
「上」説、「熊」説、「隈(クマ)」説、「樺(カバ)」説、アイヌ語「カムイ」説、サンスクリット語説、タミル語説などなど。
どの説も説得力があって、正直どれが本当かわからないけれど、
みなさんがだいたい共通して言っていることは、古代の発音が「カム」「カン」であるということと、外来語であるということ。

そこで、いつものごとく “日本語が先” で考えてみた。
「カム」「カン」が当てはまるのは「噛む」しかありません。
「噛む」は動詞ですが、名詞化すると「噛み」。

〈鋸歯紋〉 ― 天地に分かれたティアマト
nakatayokoana.jpg
どーも君ではありませんw
これ、3段になっていますが、真ん中は波模様、海でしょう。

「神」も「君」と同じで、「き(か)」は男、「み」は女、陰陽でもあるのではないかと。
神の子孫である天皇のことを昔は「大王(おおきみ)」と呼んでいました。
「大和言葉の作り方」(渡部正路著)によりますと、「か行」は難しいのですが、
「君」は「キ(先頭に立つ、第一の) ミ(身=人、または御)」であるとしています。

アイヌの人達は水、山、動植物、道具でさえ全てのものが「カムイ」でした。
食べ物は「カムイ」が人間を生かすために与えてくれているもの、食べ物そのものもカムイ。
食べ物=噛むもの
沖縄地方の方言では食べ物=「カミムン」

「ハ(端)」も先端、初めという意味があります。
馬の轡(くつわ)を「ハミ」というのは「食(はみ)」と同源らしいですが、「噛み」からの転訛ではないか。
「カ」の古代音は「ハ」や「X音」があったといわれています。
上の歯(ハ)と下の歯(ハ)を合わせて「ハハ(母)」(母はカカとも言う)となり、
上歯と下歯をくっ付けることを「噛み合わせ」(カミあわせ)と言う。
口から出る息=風カゼ

やはり、風神マルドゥクに真っ二つに引き裂かれたティアマトなんだな。
ミクロとマクロが同じ構造のこの世界。人の体は小宇宙。
ハブ(蛇)も噛むものであり、地を「這(ハ)う」ものでもあります。

(神を)拝む ― お「ガム」も同根ではないかと思います。
食べ物=神
だから、残したら「もったいない」、拝んで「いただきます」、「ごちそうさま」という言葉がうまれたんじゃないかな。

イマノニホンジンハ、タベモノヘノカンンシャガタリナイヨ~
 ・日本は「食品廃棄量」が世界トップクラス!政府発表は1900万トン、民間調査は2700万トン!?
  http://healthpress.jp/2015/03/post-1646.html
もったいないオバケが出るゾ~  ~~(へ-_-)へ

話を戻して、意外とシンプルなことが語源なのかもしれません。
ということで、「噛む」も数ある説の内の一つに入れていただきたいな。。。

   お残しは許しまへんで~!  b y 忍術学園の食堂のおばちゃん



憑き神 

皆さんは、自分は何でこんなことしたんだろう?って思ったことありませんか?
私も、何でこんなに歴史や言葉に興味があるのか聞かれても答えられないです。
そういうことを、アイヌの人達は良くも悪くも“憑き神の仕業”というのだそうです。

たまにウトウトしている時に声が聞こえる、ということを何度か過去記事で書きましたが、
書きそびれていましたが、私の場合はですが、脳がやっている可能性を否定できません。
夢の中はめちゃくちゃな世界。脳はめちゃくちゃな世界を作り出すことができるのですから。
夢からヒントを得たりすることも有りますが、過去に見聞きしていて、すっかり忘れたと思っていても、どこかに記憶が残っていて、それを引き出しているだけなのかもしれないのです。
あくまでも私の場合は、です。

数年前、私の近くに“何か目に見えない存在”がいるかもしれない、と、気が付きまして、
気が付いたとたん、その“見えない存在”は、その存在を主張するかのようなあからさまな事をして見せました。
見せた、と言っても、直接ではなく間接的にで、姿は見えません。
UFOや歴史などとは全く関係ない事柄でしたが。

その“存在”は、私が喜ぶようなことをしてくれたのが分かりました。
私が喜ぶようなことをしてあげようと一所懸命なのです。
ですから、いいことも悪いことも望んだもの(妄想したこと)を全てくれようとします。

それと、あまり詳しくは言えませんが、先日、いつもはとらない行動をして、とんでもないことになりかけました。
その時は気が付かず、そのあと、これまたいつもはとらない行動をして、気が付いて大事にはいたりませんでした。
いつもはとらない行動をしていた時、というのは考え事をしていたときでしたが、それも憑き神の仕業なのかもしれません。

私は昔から、忘れ物が多くて、そういうときはいつも他のことを考えているときです。
そういうことに慣れていない人が、そういう行動をとってしまった場合、ボケたんじゃないかとか心配になるかもしれませんが、私にしてみたら、何のことはない、いつものことなんです。
                                                    ( ;∀;)
子供のときからそんな感じでして、常になにか考え事(ほぼ妄想ですが)をしていますから、忘れ物が多いのです。
繰り返しますが、あくまでも私の場合は、です。


でも実はそれも、、、
こんなこと言うと怒られるかもしれませんが、全て自分で引き寄せていると。
自分や、いろんな人を客観的に観察してみて解ってきました。
自分にはそんな引き寄せる力など無い、と思っている人は、「そんな力など無い」を引き寄せているだけなのかもしれません。
憑き神は望むものをくれようとしていますし、そういう憑き神をも引き寄せているのかもしれないのです。

人それぞれに真実があるようですから、
あくまでも私の場合は、です。 (しつこい)

私の憑き神は妄想癖があってダジャレが好きなようです(^_^;)
数年前、テレビを見ながらウトウトしてた時、なぜか「義父は岐阜」というダジャレがうかび、
「なんじゃそりゃぁ」と自分にツッコミをいれ、目を開けるとテレビで「ギフト」だって。。。





「幸せ」は「甘い」? 

私が子供の頃、家庭の事情が色々あって、「人生は修行だ」なんて思っていた子供でした。
ですが、「もう修行は終わりっ!」って天に言ってあります。
おかげさまでここ数年、幸いにも平穏な日々をすごさせていただいております。
先日、明け方の夢うつつの時、「うちの幸せは何でだろう?」と、ふと思った。
すぐに「甘い・・・」と、答えが返ってきましたが、途中で目が覚めてしまった。(◞‸◟)
(ここのところ、大音量ではなく、普通の音量です。)

甘い、、なに~?? 気になるぅ
ということで、「幸」と「甘」の漢字を調べてみた。

【幸】
手枷(てかせ)の象形。これを両手にはめ捉えられている姿が「執(とらえる)」、報復刑として手による犯罪に枷(かせ)をはめることを「報(むくいる)」という。 
手枷だけの刑罰ですむことが重い刑罰を免れるということから幸いという意味になったという説。
「執」の略字で「拘束から解放される」という解釈であるという説。

【甘】
口に物を入れ長く味わうさま説。根に甘みのある甘草(苷)から甘いという意味になった。
錠をして鍵をかけた象形。手錠や首枷(くびかせ)の形。口を閉ざすことを「柑」、首にはめる首枷を「鉗」という説。
〈参考文献:白川静「常用字解」、落合淳思「甲骨文字小事典」、ウィクショナリー〉

どちらも、手かせ首かせの意味がありました。ドヒャァ
気持ち的に「幸」は手かせ首かせから解放される方を採りたい。


甘い物を食べると幸せを感じるというのは脳の錯覚だといいます。
好みはいろいろあるでしょうから、おいしければいいのでしょうね。
プリンを食べるとプチ幸せを感じるし、たまには自分にご褒美なんて言って、一人でこっそり隠れて食べるスイーツなんて、もうサイコー!(爆)
おっっと、甘い物に執着してはいけませんね。
甘い物を購入できるお金の余裕があること、それを作ってくれている人がいることが幸いであり、手かせ足かせから解放されることが「あま(天)・い(意)」であり「おいし(御意思)い」なんてね。
                         あま~い!  by 最近はハンバーグのいとだ
                         ありがとうオリゴ糖  by じょいまん


〈おまけ〉
・少女よ (Little Girl - Goro Noguchi / https://www.youtube.com/watch?v=m8LrD8UxU_E )

少女よ
南に帰る渡り鳥たちの 足のくびきをほどいておあげ
少女よ
解き放たれた渡り鳥たちの 嬉しそうな 翼をごらん
生きていくことは いつも 囚われの身  
自由になりたいと もがく 魂よ
地球を越えて帰る 鳥たちを見送ろう   少女よ